嫌いな食べ物ってありますか?
嫌いなものはないと答える人でも、どちらかというと苦手なものはあるという人は多いと思います。
私も嫌いで食べられないっていうものは、ほぼないのですが、出来れば食べたくないなーというものはあります。
その第一位は、グリンピースです。苦手な理由は、独特の食感となんとなく変な青臭さ。
食べた時に、皮がもさっとしたり中の身がべちゃっとしたり、変な後味だったりするのが気になるのです。
しかも、料理に入っていなくても特に問題ないのに存在感を出してくるあたりが余計に嫌です。
毎回、なんで入ってるの?!を思ってしまいます。
でも、ちゃんとグリンピースにも存在意義はあるんですよね。
お料理の彩りだけじゃなく、食物繊維やミネラル、糖質、タンパク質がバランスよく含まれている意外に優秀な食材なんです。
味や食感だけじゃなく、栄養面を考えたら今までよりは苦手意識が薄れそうな気がしませんか?
嫌いだなーって思う食材でも、長所を知って好きになりたいですね!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.