サンドイッチは古くはイギリスの貴族のサンドイッチ伯爵がトランプのゲームの合間に手軽に食べれるものが欲しいと思ったのがきっかけで考案されたと言われていますが、日本でもその忙しいときでもサッと食べれるお手軽さが受けたのかコンビ二などでは欠かせない人気商品のひとつとなっています。
シーチキンサンド、たまごサンド、カツサンド、ハムとレタスのサンドなど色々と中身の具材のバリエーションが豊富なのがサンドイッチの魅力といえます。
食べたいサンドイッチも気分によって変わってきます。
朝にお手軽に食べて栄養補給したいと思ったときはシーチキンサンドやたまごサンド、サッパリしたいものをサクッと食べたいと思ったときはハムとレタスのサンド、昼にお腹がすいたときにガッツリ食べたいと思ったときはカツサンドやコロッケサンドなどのボリュームがあるものと、そのときの気分とシチュエーションによって色々具材を選べるのがサンドイッチのいいところです。
自分は最近は少食気味でサッパリしたものが食べたい気分なので、ハムとレタスのサンドをよく食べています。
あと、お茶やストレートティー、ミルクティーなど飲み物との組み合わせが楽しめるのもサンドイッチの魅力のひとつだと言えるでしょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.